1のコピー
ちょびが、「sleepypod Air」の扉の隙間から、何かを見つめています。



2のコピー
その隙間から、今度は前脚をそろ~りと、出しました。



3のコピー
その前脚の先には、「ねずみのおもちゃ1号」。
なぜ、1号かというと、それは後ほどにでも。



ちょびは小さい頃、ねずみのおもちゃでよく遊んでいました。
ただ、すぐに破壊されてしまうことと、そして、破壊した破片を誤飲したことで、しばらくの間、ねずみのおもちゃは封印していました。
私たちが付いていれば良いかなと思い、久々におもちゃ箱から取り出してみました。
4のコピー
久しぶりの再会に、興奮マックス!!!
ちょびくん、目がいっちゃってませんか・・・



5のコピー
前脚で「てしてし」と転がしながら、遊んでいます。



6のコピー
「ガブガブ」しながら、遊んでいます。
自分で放り投げては、それを追っかけ、そして、じゃれるの繰返し。
ホント、愉しそうだね~♪


そうそう、おもちゃ箱に、もう一匹のねずみのおもちゃがありました。
7のコピー
「ねずみのおもちゃ2号」。
次回は、これで遊ぼうね、ちょび。


びょ~~~ん
にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
ランキングに参加しています
「ポチ」っと応援お願いします
 
こちらもよろしくです