1のコピー
ちょびは、ブラッシングが大好き。
早速、ガラスのテーブルに寝そべり、ブラッシングの要求です。



2のコピー
腰のあたりを「ごーし、ごーし」とブラッシング



3のコピー
ちょびちゃん、気持ちよさそうだねぇ。
毎日のブラッシングのおかげか、今まで一度も毛玉を吐いたことがありません。



4のコピー
頭のブラッシングが、一番気持ち良いみたい。
自分じゃ毛づくろいできないからね。



5のコピー
なので、ブラシを近づけると、自分からおでこを近づけてきます。
よし、しっかりとブラッシングをしてあげるからね。



6のコピー
ありゃりゃりゃりゃ・・・。
しっかりとブラッシングをしすぎちゃったようで、変顔になったった・・・。



7のコピー
あい、すいません・・・。



仕上げは豚毛のブラシにゃ!
にほんブログ村 猫ブログ ベンガル猫へ
「ポチ」っと応援お願いします

こちらもよろしくニャン